AC-039 アクリル製のオリジナルキャラクターキーホルダー

IMG_9935_URL

◆ お客様製作アンケート ◆

商品の用途:イベントでの販売
都道府県・市町村:山形県
コメント(商品の選定理由や商品受取のご感想など):
納期が早いところに注目して依頼させていただきました。
今回2種類作ったのですが少数で制作できて料金も安かったのでそこもよかったです!
イベントギリギリで、始めて使うサイトでしたが対応が良くとても助かりました。
出来上がりもよく、とても満足しております!ありがとうございました!

image2_URL image1_URL

今回は、イベント頒布用のグッズとしてご注文いただきました。
レジンで作ったようなやわらかなフォルムのキーホルダーにイラストをお入れいたしております。料金、納期、対応、商品の仕上がりのいずれにもご満足いただけましたようで、うれしいかぎりです。

こちらの背景が白い画像は、お客様が撮って送ってきていただけました。重ねてお礼を申し上げます。

絵柄も幕末の志士たちを可愛く描けていますね。

瞳の中や、服などの色づかいも綺麗で、インクジェット印刷の特長である『画像のまま印刷できる』点がとても活かされています。

IMG_9929_URL IMG_9910_URL

いつものように斜めからの画像です。話はかなり脱線いたしますが、このような斜めからの画像の掲載を弊社が実例掲載に多用するかといいますと、

「透明アクリルはアクリルの後ろからインクを吹き付けている」

ということを目で見て良く判るからという理由です。よく他社様でも上から正面からの実例画像がありますが、斜めからの画像はあまり見かけません。皆さんは、初めて透明のアクリルキーホルダーを手に取った時に絵柄の平面感(あるいは立体感)が少しズレたような感覚はありませんでしたでしょうか?そのズレは、白アクリルはアクリルの上に直接印刷されているので感覚的なずれは起きにくいのですが、透明アクリルはアクリルの裏から印刷を行い、アクリルの厚み分絵柄が実際に奥まっているためです。透明ゆえに一見表面に印刷をしているのと同じように錯覚してしまいますが、斜めから見て、アクリルの向こう側に絵柄があると気づいたときに、ズレを認識してしまうのです。伝わりますでしょうか?

このように記載をしましても言葉で説明するのは大変難しく、実際に実物を見ていただて、透明なアクリルはそういうモノなんだとあらかじめご理解いただきたいという思いから、極力斜めからのカットを入れこむようにしております。

弊社で加工しているアクリルは厚みが3mmのタイプですが、斜めから見ると「透明なアクリルの裏から反転したデータで印刷を行い、その後ろから白色を吹き付け発色を良くする」ということが、よくわかるかと思います。

ちなみに裏に白色を引いて発色を良くするのは、クリアファイルに白い紙を入れると見た目の色がとても鮮やかになるのと同じ原理です。白を引かないとカラー部分は半透明色となります。

閑話休題。

だいぶと違う話を差し込んでしまいまして、大変失礼をいたしました。また、次回のご注文もお待ちしておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。