検索

お買い物カゴの中を見る

メッキの種類について

メッキの種類についてオリジナルグッズにメッキ加工をする際、主に6種類のメッキ方法からお選びいただけます。
下に行くほど価格が高くなります。

 

ニッケルメッキ(鏡面仕上げ)

銀色のメタリック感を出したい場合におすすめ

ニッケルメッキ(鏡面仕上げ)
特長
  • 最もベーシックなメッキで、光沢のある銀色。他のメッキもまずはベースにニッケルメッキを施します。

 

ブラックニッケルメッキ(鏡面仕上げ)

キャラクターの主線が黒色のデザインにおすすめ

ブラックニッケルメッキ(鏡面仕上げ)
特長
  • 光沢のある黒銀色で、ニッケルメッキよりも他の色が引き立ちます。

 

ゴールドメッキ(鏡面仕上げ)

金色で高級感を出したい場合におすすめ

ゴールドメッキ(鏡面仕上げ)
特長
  • 光沢のある金色で、アクセサリーやパーツなどに最も一般的に使用されているメッキの一つ。

 

アンティークカッパーメッキ

銅色でアンティーク調の仕上げにしたい場合におすすめ

アンティークカッパーメッキ
特長
  • いわゆる銅古美メッキ。光沢を抑えたアンティーク調の銅色で、独特な味わいがあるメッキです。
  • アンティークメッキは磨き処理を行いますので、ヘアライン仕上げとなります。
  • 凹など磨けない部分は黒っぽい色が残りますが、その濃淡がよりアンティーク感を引き立てます。

 

アンティークシルバーメッキ

銀白色でアンティーク調の仕上げにしたいエンブレムなどにおすすめ

アンティークシルバーメッキ
特長
  • いわゆる銀古美メッキ。光沢を抑えたアンティーク調の銀白色で、シルバーの変色を防ぐためにクリアー塗装が施されます。
  • アンティークメッキは磨き処理を行いますので、ヘアライン仕上げとなります。
  • 凹など磨けない部分は黒っぽい色が残りますが、その濃淡がよりアンティーク感を引き立てます。

 

アンティークゴールドメッキ

落ち着いた金色でアンティーク調の仕上げにしたいチャームなどにおすすめ

アンティークゴールドメッキ
特長
  • いわゆる金古美メッキ。光沢を抑えたアンティーク調の金色で、チャームや金具などでもよく用いられるメッキです。
  • アンティークメッキは磨き処理を行いますので、ヘアライン仕上げとなります。
  • 凹など磨けない部分は黒っぽい色が残りますが、その濃淡がよりアンティーク感を引き立てます。

▲ページ上部へ